本文へスキップ

販売士資格取得ガイドは、販売士を目指す方たちに資格取得の情報を提供します。

販売士 資格取得

販売士の魅力/販売士とは?販売士資格試験に合格するには?

TOPICS

 販売士の魅力

日本商工会議所が推進し、長い歴史を持つ「販売士」、企業での知名度は抜群です。

そのため主要百貨店、スーパーなどの販売職はもちろん、東芝、オムロン、資生堂などのメーカーやNTT、JR東日本などのサービス産業でも、営業職を中心に資格取得が奨励されています。

当然、人事異動や採用の際の能力評価の参考にする企業も多いため、資格を取得すれば、即ち自分自身の評価を上げることにもつながります。

「経験優先」の傾向が強い転職市場にあって、比較的「未経験OK」の求人が多いのが、販売職や営業職です。景気が持ち直してきた昨今は、流通業界も上向き。

首都圏を中心に、1施設あたり数千人単位での人材ニーズが見込まれる大型ショッピングセンターの出店が相次ぎ、企業はこぞって販売スタッフ確保に動いています。

特に必須資格は無い販売職ですが、「経験者」との競い合いでは、アピール材料はもちろん多い方が良い!専門知識やスキルを客観的に証明する「販売士」資格は、そのひとつとして効果を発揮するでしょう。

また前述のとおり、流通業界のみならず、幅広い業界で知名度が高いのも「販売士」資格のメリット。

他業界での就・転職を目指す場合にも、それなりの効果は期待できます。

「販売士」というと、どうしても「販売職の資格」というイメージが強く、他の職種との関連性は低い印象を受けます。

しかし、1、2級ともなれば、直接的な「販売スキル」のみならず、マネジメント職としての知識・スキルやマーケティング能力など、その内容は多岐に渡ります。

ビジネスパーソンに人気の資格「中小企業診断士」の商業分野とも重なる部分が多いと言われ、近年の受験者に、コンサルティング関係者が増えてきてるのも納得です。

販売士3級・2級をステップとして中小企業診断士の学習をされる方も多いようです。

中小企業診断士の試験科目の中で、「運営管理」の店舗・販売の内容が、販売士の科目につながり、ちょうど、基礎学習のようになっているからです。

また、販売士の試験科目であるマーケティングは、診断士の「企業経営理論」のマーケティングにつながります。

このように、販売士を学習することで、中小企業診断士の「運営管理」「企業経営理論」の取得に非常に有利となります。


NEWS新着情報

 販売士 資格 【生涯学習のユーキャン】

 テキストには、分かりやすさと同時に、“続けられる”ための工夫が随所に!

合格ナビ・合格BOOK
販売士検定試験やその科目の内容、そして講座の進め方などが早わかり! 映像とBOOKでイメージがやさしくつかめ、その後の学習をスムーズに進めることができます。
  <<初歩から資格取得まで学べる!>>
全国52校の大栄総合教育システム
【講座案内資料を無料送付!】


新試験制度に対応した合理的なカリキュラム!

3級・2級とも日本商工会議所主催の販売士検定の合格を目指します。

バナースペース

リンクについて

当サイトはリンクフリーです。

また、相互リンクも募集中です。

お申し込みはこちらから⇒

LINK1   2   3   4   5   6